So-net無料ブログ作成

領土問題に関する野田総理会見

竹島・尖閣諸島の領土問題に関して、野田総理が記者会見を行ったという。
そこで総理は、「遺憾の意」、「不退転の覚悟で臨む」などと心にもないことを言ったが、ならば、どうして尖閣に上陸した香港活動家を強制送還という形で無罪放免したのか、国民に説明せよ(この活動家たちはビジネスクラスで帰国したという噂も聞く)。
そして2年前の尖閣事件、犯人である支那人漁師を無罪放免した仙谷由人は、このことについて国民に対して膝を屈して謝罪せよ。
「不退転の覚悟」と口にするのは、この2件のけりをつけてからだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。